貿易関連の会社への面接にはどう望むべきか

貿易関連の仕事へと転職するときや新卒として面接にのぞむときどういった点をアピールしていけばいいのでしょうか?貿易関連仕事へ転職する際のアピールポイントについて紹介していきます。

面接に関する質問

中途採用の場合のアピールポイントは?

中途採用として貿易の仕事に転職する場合、これまでの経歴やどういったスキルを持っていて、それをどう活かそうと考えているのかをアピールしましょう。また、どういったキャリアプランを考えていて、最終的にはどういったことがしたいのかといったことを具体的に述べられると好印象を抱いてもらえます。

新卒の場合のアピールポイントについても教えてください

新卒の人が面接でアピールするポイントはなぜその仕事に応募したのか、なぜその仕事がしたいのかという点をアピールしていきましょう。海外で生活していたり留学の経験がある場合や英語を活かした仕事をした経験があれば大きな強みになりますが、新卒でそういった経験のある人はまれだと思います。そのため、やる気の部分でアピールしていく必要があるわけです。

貿易関連の資格

スーツの人達

通関士

貿易関連の仕事で評価されやすい資格である通関士は、輸出入者の代わりに輸出入の手続きを行います。手続きを代行するといったイメージですね。貿易への依存度の高い日本になくてはならない資格だと言えます。活躍できる場は幅広く、商社やメーカー、流通・配送業など各分野の業界から引く手数多の状態です。

ディプロマ

ディプロマは国際航空貨物取扱士資格とも呼ばれる資格です。ディプロマは飛行機などに搭載される荷物に関する専門的な知識もった人に与えられる資格で、危険物に関する知識も必要となります。国際的な交通網や流通網が整ってきた今、最も求められる資格ではないでしょうか。ディプロマの資格を活かせる職場としては、航空会社や流通業界がメインとなってくるようです。

貿易実務検定

貿易に関する知識がどの程度身についているのかを表す資格として、一般的な貿易実務検定も貿易関連の資格です。CからAまでのレベルがあり、最も難易度が高いとされているA級では国際貨物の保険金請求に関する部分やクレーム対応に関する部分の知識も必要になってきます。貿易業界ではかなり一般的な資格となっているので、ぜひ取得しておきたい資格の一つです。

広告募集中