貿易事務の一日

男の人

休日について

休日については職場や契約内容によって異なってはきますが、ほとんどの場合週末はしっかりと休めるところが多いようです。ただし祝日に関しては国によって大きく異なってきます。外国との仕事を主にしているこの仕事では、正月などの世界共通で休みとなる場合を除き、出勤となる場合が多いので認識しておきましょう。

残業や就業時間について

海外とは時差が発生します。アジアなどの地域であれば数時間で済みますが、ヨーロッパや北米地域になると約半日ほど時差が発生する場合もあります。それにより、就業時間を過ぎたあとにも問い合わせや連絡が入ることが多く、タイミングや緊急度によっては残業して対応することも出てくるようです。

貿易事務の一日の流れ

メールの確認

貿易事務の一日はメールの確認から始まります。海外とは時差があるため、取引先の国によっては夜中にメールが届くこともあります。そのため、夜の間にたまったメールを確認し、必要であれば返信する必要があります。

運行情報の確認

荷物の運搬を行う航空機や貨物船などの運航情報の確認も欠かせません。最低でも午前中に一回、午後にも一回は行うようです。これらの運行状況によって、荷物受け取りのスケジュールが大きく変わってきます。遠く離れた地域であればあるほど当初のスケジュールとのズレが大きくなる傾向にあるので、こまめなチェックが必要なわけですね。

配送業者への指示

配送業者の集荷時間や営業時間が終わってしまう前に、納品の指示を出す必要があります。特に集荷に関しては15時から16時ぐらいまでに締め切ってしまうところが多いので、その日の集荷時間が終わってしまう前に納品確認を行い、必要であれば連絡する必要があります。その後はメール処理などを行い、時間になったら退社となります。

海外との取引だということの認識が大切

貿易事務などの貿易関連の企業へ転職するときは、取引相手は海外の企業だということをしっかりと認識しておく必要があります。海外との取引となるため時差が関係してきますし、時差の影響でリアルタイムに連絡を取り合うのは難しいということを理解しておきましょう。

広告募集中