プログラミング言語にはたくさんの種類がある

いざプログラミング言語を取得しようと思っても種類が多すぎて、どのプログラミング言語から学んでいけばいいのかわからないという人は多いのではないでしょうか?代表的なプログラミング言語と、そのプログラミング言語ではどういったことができるのかといったことについてみていきましょう。

プログラミング言語についての質問

Javaとはどういったプログラミング言語ですか?

Javaはとても人気のあるプログラミング言語で、最も多く使用されているプログラミング言語だとも言われています。汎用性が高く環境に依存しにくいといった特徴があり、デスクトップアプリなどの開発に使われることが多いようです。

Swiftとはどういったプログラミング言語ですか?

SwiftはiPhone向けのアプリ開発に使用されるプログラミング言語です。iPhone向けのアプリのためのプログラミング言語なのでiPhoneを販売しているアップルが開発したプログラミング言語になります。最新のプログラミング言語でありながらわかりやすく、開発がスムーズに行えるとして人気の高まってきている言語になります。

C言語とはどういったプログラミング言語ですか?

C言語は、UNIXの移植性を高めるために開発されたプログラミング言語です。使用可能な環境が豊富で、世界的に普及しているプログラミング言語になります。初心者には複雑で難易度の高いプログラミング言語と言われています。

JavaScriptとはどういったプログラミング言語ですか?

JavaScriptは様々な端末に採用されているプログラミング言語です。よくJavaと混同してしまう人がいますが、Javaとは全くことなる言語になります。JavaScriptの主な役割はブラウザの動作をスムーズにするといったものです。JavaScriptを使用することでブラウザ上の様々な処理を瞬時に完了させることができます。

Rubyとはどういったプログラミング言語ですか?

Rubyは日本人の開発者が開発したプログラミング言語です。Rubyはスクリプト言語なのでプログラム上動作を簡素化することができ、それにより手軽に利用できる言語となっています。またRubyでは継承を行うことができ、それによりソースコードも簡素化でき視認性をあげることができるといった強みがあります。

プログラミング言語とは

IT

プログラミング言語とは

取得しておくことでIT関連企業へ採用してもらいやすくなるプログラミング言語ですが、そもそもプログラミング言語とはどういったものなのでしょうか?プログラミング言語を簡単に説明すると「Web開発を行うために必要な言語」です。ホームページやアプリケーションなどインターネット上で利用できる様々なサービスの開発にこういった言語が利用されています。

たくさんの言語がある

そんなプログラミング言語ですが、プログラミング言語にはたくさんの種類があり、それぞれ役割や特徴が大きく異なります。アプリ開発でよく使用されるJavaScriptや取得難易度の高いC言語など、全てのプログラミング言語をマスターするのは現実的ではないので、まずは自分がやりたいことに必要な言語を取捨選択して覚えていく必要があります。そういった言語を覚えて使いこなせば、IT企業の採用面接の際にでも良い自己アピールができるでしょう。

人気のプログラミング言語とは

プログラミング言語の中で特に人気の高い言語について紹介します。まずHTMLやCSSの表示を簡素化してくれるJavaScriptは人気が高く利用者も多いので取得しておくといいでしょう。これらのプログラミング言語を取得したら、JavaとPHPを取得しましょう。どちらも多くの現場で利用されている人気の言語です。

広告募集中